葉酸コラム

葉酸は妊娠前から飲むのがおすすめ!

葉酸はいつから飲めばいいの?

葉酸サプリを飲み始めるタイミングについて迷われている方もいると思いますが、葉酸とは妊娠中はもちろん、妊娠前においても必要な栄養素となっているため、飲み始める時期としては妊活をはじめた時が一番ベストとされています。妊娠初期は排卵、受精、着床、分裂と赤ちゃんのはじまりとも言える大事な場面です。この時期は特に体内に葉酸が充実している必要があるため、妊娠希望日から逆算して1ヵ月前には葉酸を摂取した方がいいと言われています。

では、妊娠が発覚してから葉酸を飲むのは遅すぎるの?と不安になる方もいると思いますが、妊娠発覚後から葉酸を摂取しても胎児に影響を及ぼすわけではありません。
葉酸はあらゆる食品の中に含まれている栄養素ですから、意識的に摂らなくても自然と食事の中から得ることができます。

ただ、妊娠前に葉酸を多く摂取しておいた方が早産、流産、子宮がんなどの防止にもつながりますし、妊娠中は食事に関して何かと気を使うことが多いのでどうしても栄養が偏りがちになります。そのため、妊娠前から葉酸サプリなどで積極的に摂りいれることを推奨しているのです。

重要なのは妊娠3か月まで

厚生労働省では、葉酸摂取で一番重要な期間は妊娠3か月までとされており、この期間は意識的に葉酸を摂取することを推奨しています。その理由は、妊娠してから3か月間の細胞分裂が繰り返されるこの時期に葉酸を吸収しておくと先天性疾患や二分脊椎症のリスクを防ぐことができるからです。妊娠1週目~2週目の時期は母体胎児共にとても不安定です。しかし、葉酸を摂取しておくと先天性異常のリスクが70%軽減されると言われています。

また、4週目~12週目に入ると胎児の基盤も出来上がり発達が盛んになるのでそれに合せて栄養素も求められます。この時に葉酸が不足すると二分脊椎症になる危険性が高まりますので、必要量の葉酸を飲み続けることでこのリスクも防げます。葉酸は造血や免疫力強化といった効果もあるので、妊娠初期の不安定な時期もしっかりと健康状態をサポートしてくれるのでまさに母体と胎児にとっては良いこと尽くめなのです。

3か月目以降も飲む必要はあるの?

厚生労働省では3か月目までが葉酸がもっとも求められる時期としていますが、それ以降も1日あたり480μgの摂取を推奨していますので通常時よりも多く摂り入れる必要があります。

つまり、妊娠3か月を過ぎても母体と胎児にとっては必要な栄養素であることに変わりないので、今まで通り摂取し続けることをおすすめします。3か月を過ぎたからと言って葉酸を摂らなくなってしまうと、今度は低体重や悪性貧血などのリスクが高まるので、妊娠中はずっと飲み続けるものと思って葉酸を摂取し続けた方がいいでしょう。

葉酸は妊娠前から授乳が終わるまで飲むのがベスト

先天性異常や健康状態のリスクを防ぐためにも葉酸は妊娠前から摂取する必要があり、出産してからも授乳期間は母乳を作るために大量のビタミンBが必要になるのでやはりこの時期も葉酸は摂取しておきたいところです。授乳期間は母乳が胎児の発育にそのまま影響してくるので、赤ちゃんにすくすく身体に育ってもらうためにも、たくさんの栄養素を吸収して健康的な状態を維持してほしいと思います。

また、妊娠前から葉酸サプリを飲んでいなかった、出産と共に葉酸サプリを止めてしまったとしても、深刻に悩む必要はありません。葉酸はあくまでもリスクを軽減できる働きがあるというだけで、葉酸サプリを飲んでいないからといって必ず異常が見られるわけではないのです。

ですので、現在妊娠中や授乳中で葉酸を飲んでいない方は今から葉酸サプリを飲み始めるようにすればそれで問題ないのです。過敏になり過ぎて過剰摂取やストレスに繋がるのも身体によくありませんので、深く考えすぎずに続けていきましょう。

あなたにおすすめの葉酸サプリ

オススメ葉酸サプリ

みんなの葉酸

妊娠前~妊娠初期、妊娠中記~後期、産後の授乳期の3ステージに合わせて摂取用や栄養素を配合しています。身体の変化に合わせて必要な栄養素を効率よく補うことができるところが良いですね。

みんなの葉酸 詳細ページへ▶

PAGE TOP