葉酸コラム

葉酸と合わせて摂取したい栄養素

葉酸以外に必要な栄養素

妊娠中に葉酸が必要となることは既にご存知の方も多いと思いますが、実は葉酸以外にも摂取しておきたい栄養素があるんです。

妊娠中は食べ物に制限が多く、何でも食べるのは良くないと思われがちですが、基本的にはバランスのいい食生活を送ることが一番です。 とは言え、妊娠中は体調の変化も激しくつわりや倦怠感といったつらい時期もあるので、普段と同じように食事するのが難しい時もあるでしょう。 そんな時でも努めて積極的に摂った方がいい栄養素が3つあります。

その3つとは『ビタミンC』『ビタミンB6』『ビタミンB12』です。これらの栄養素は葉酸と一緒に摂取することで相乗効果を発揮すると言われており、妊娠中は特に重要なものとなります。

ではそれぞれの栄養素の効果について以下に詳しく解説していきます。

ビタミンCの働き

ビタミンCは赤ちゃんの骨、血管、脳などを形成する役割を担っている栄養素です。身体の基礎を作ることはもちろん、記憶を司る海馬の発達にも関係しているため、ビタミンCが不足すると脳に大きなダメージを与える恐れもあります。 ビタミンCは胎児の育成をサポートするだけでなく、母体の鉄分不足を補う作用があります。

妊娠中は大量の血液が母体から胎児に送られるため母体は鉄分が不足しがちです。しかし、ビタミンCを日頃から摂取していれば鉄分をしっかり吸収して母子ともに十分な鉄分を得ることができます。 また、ビタミンCにはウイルスや細菌から身を守る効果もあるので、体調が不安定になりがちな妊娠中には特におすすめです。

ビタミンB6の働き

ビタミンB6にはつわりを和らげる働きがあります。

なぜビタミンB6にそのような効果があるのか理由ははっきりと分かっていないようですが、ビタミンB6を使っておう吐を和らげる治療は70年以上も前から行われています。 またビタミンB6には妊娠中毒症を予防する効果もあるので、妊娠中は積極的に摂取してほしい栄養素です。

ビタミンB12の働き

通称「赤いビタミン」とも呼ばれているビタミンB12ですが、主な効果は骨髄から赤血球のヘモグロビン合成を促すことで悪性貧血を予防したり、たんぱく質の生成や脂肪の代謝を促すといったもので、葉酸に次いで無くてはならない栄養素となっています。 通常の食事ではまず不足することはありませんが、ビタミンB12は動物性由来の食べ物にしか含まれていない栄養素なので、ビタミンAが多く含まれる動物性由来の食品を避けがちになる妊婦さんは特にビタミンB12欠乏症になりやすいと言われています。 ビタミンB12欠乏症になると、悪性貧血、体重減少、食欲不振、疲労、便秘、手足のしびれ、記憶低下などの症状が起こります。

また胎児に与える影響としては神経管閉鎖障害や無脳症を引き起こす恐れがあるとされています。 葉酸と同時に摂取すると赤血球を作り出す働きが活発化されるため、妊娠中は葉酸と合わせて摂取することがすすめられています。

葉酸サプリでバランスよく摂取

このように、葉酸以外にも妊婦さんにおすすめの栄養素はたくさんありますが、すべての栄養素を食べ物から補うのはなかなか難しいと思います。そんな時は葉酸サプリで必要なビタミンを摂取しましょう。

サプリであればビタミンと葉酸のバランスもきちんと配慮されていますし、妊婦さんが飲むことを前提に作られているので安心して飲むことができます。 妊娠中のリスクを防ぐためにも不足しがちな栄養素をしっかりと補いましょう。

あなたにおすすめの葉酸サプリ

オススメ葉酸サプリ

アロベビー葉酸サプリ

つわりを緩和すると言われるビタミンB6を10mg配合!有名なベビーブランドから発売された人気の葉酸サプリです。ビタミン・ミネラルは妊娠期に必要な量100%配合!徹底的にママと赤ちゃんのことを考えたサプリです。15日間全額返金保証がついているのも嬉しいですね。

アロベビー葉酸サプリ 詳細ページへ▶

PAGE TOP