葉酸コラム

授乳中も葉酸サプリを摂取した方がいい理由

葉酸は授乳中も必要?

厚生労働省では「妊活をはじめた時から葉酸を摂取しましょう」と呼びかけをしていることにより、妊娠期間を終えて授乳期間に入ったら葉酸は飲まなくていいのでは?と思っているママさんが多いようです。

しかし、授乳期間に入っても葉酸は必要となります。

赤ちゃんがお腹の中にいないのになぜ葉酸が必要になるのか。その理由は葉酸にホルモンバランスを整える作用、血液を作り出す効果、細胞分裂を促進させる働きがあるからなのです。 授乳期間中に葉酸が不足するとホルモンバランスの乱れが起こりやすくなり、その乱れの影響から『抜け毛、むくみ、悪性貧血』などを起こしてしまう恐れがあります。 また母乳の生産が悪くなったり、母体の回復が遅れるといった恐れもあることから授乳期間が終了するまで葉酸を摂取することが推奨されています。

葉酸と母乳と血液の関係性

葉酸には血液を作り出す働きがあり、葉酸によって作り出された血液が乳房に運ばれて母乳ができる仕組みとなっています。

そのため、授乳期間中は母乳の生産に大量の血液が必要となります。

この時に葉酸が不足すると血液をきちんと作れず母乳の質が悪くなったり、悪性貧血を起こすことがあります。 また、質の悪い母乳を赤ちゃんに与え続けると赤ちゃんの成長にも影響を及ぼす可能性があるので、乳期間中も葉酸が不足しないようしっかりと摂取することが求められます。 厚生労働省では授乳期間中の葉酸の摂取推奨量を1日あたり340μgとしており、うち100μgは食べ物以外のサプリから摂取することを推奨しています。 また、過剰摂取量は1日あたり1000μgとなっており、これをオーバーすると副作用を起こす危険性があるので、葉酸を摂る際は定められた用量をきちんと守るようにしましょう。

葉酸は産後の体力回復の効果もある

葉酸には産後の体力低下を回復させる効果があると言われています。

その理由は、葉酸に細胞分裂を促す働きがあるからです。

産後の低下した体力やダメージを受けた子宮を細胞分裂の働きによって回復してくれると言われています。 このほか、粘膜強化、肌や髪の再生にも働きかけます。 また葉酸で母乳がしっかりと生成されれば赤ちゃんもたっぷり母乳を飲むようになってくれますし、母乳を飲む際に赤ちゃんから分泌されるオキシトシンという物質が子宮の回復をさらに促進してくれるとも言われていますので、 葉酸の働きは出産後も非常に重要なのです。

100μgを摂取できるサプリ選びを

既にご説明している通り、厚生労働省では授乳中の1日あたりの葉酸摂取量は340μgを推奨していますが、サプリで摂取するのはそのうちの100μgです。 葉酸サプリの中には妊娠中の1日400μgの推奨量に合わせて1粒で400μgが摂れるようになっているものもあるので、1粒当たりの含有量もしっかりとチェックして飲みやすい商品を選ぶようにしましょう。

あなたにおすすめの葉酸サプリ

オススメ葉酸サプリ

ゆめやの葉酸サプリ

葉酸はもちろん、鉄分やカルシウムなど妊娠前~産後に必要な栄養素がバランスよく含まれています。吸収のよい酵母葉酸が使用されていて、体調管理の心強い味方ですね。

ゆめやの葉酸サプリ 詳細ページへ▶

PAGE TOP